調教から見た単勝複勝買い目の競馬予想

40代のおじさんです。1年ほどの試行を重ね、調教状態からの競馬予想をします。

OPPO A54 新品白ロム購入

口コミ評判が非常によかった、OPPO A54 新品白ロム購入しました。

 

この機種に乗っている、新世代の Snapdragon 400系はものすごい進化で、

 

ほんの少し前のミドルスペックマシンの性能。

 

ベンチマークサイトで、antutuの結果なんかを見ても

 

それほど重いゲームをやらない私くらいだと十分なスペック。

 

早速データ移行を行いましたが、Xperia XZ Premium からOPPOのアプリで難なく移行。

 

felicaは使えないけれど、PayPayなどの支払い方法がメインであれば、問題なし。

 

私の最近のスマホ選択の考え方はスペックというよりは発売日が新しいものを優先。

 

XZ Premiumなんかはまだまだ十分なスペックとも言えますが、

 

故障はなくとも、その経年の長さ、OSのサポート、筐体の保証など以上に、

 

最新の技術で作られた製品であることが一番の優位点と考えるようになりました。

 

本機種はこの考え方に加えて、400系CPUの進化度合がものすごく、

 

省電力の考え方も盛り込まれているでしょうから、非常に魅力的な機種です。

 

 

貼付済のフィルムはいまいちなので、長く使うならガラスフィルムを貼りなおすの吉。

 

Amazonでケースとフィルムを購入しましたが、

 

思った以上にたくさんのメーカーが扱っているようで、非常に安く買えます。

 

状況が変わってきましたね。すべて中華包囲網という感じ。

 

何となく品質に難ありのように表現される中華スマホと言われていた状況から、

 

OPPOの追い上げもすごいですが、

 

Xiaomi、Redmi などは、もはやAndoroid機種ではスタンダートな感あり、

 

中国のパワーを痛感します。

 

日本のスマホがこれから筐体品質がいいとか、OSの品質がいいとか

 

そんな勝負所では、

 

OSの統一は当たり前、品質ももはや十分、

 

低価格、高スペックのこの状況で戦うのは無理なんでしょうね。

 

画期的なCPUを開発するとかそういったことも難しいでしょうし、

 

品質でいえば、iPhoneの専売特許。もはや入り込む余地はなさそうですね。

 

 

ちなみに、私は、iPhoneメイン機、サブ機Andoroidです。

 

 

しばらく使ってみます。

 

もう一つ、新しい機種のほうが売却時のメリットがあります。

 

スマホにおいては、プレミアム価値が出る機種なんて基本的にはないですから。

 

 

 

 

 

 

【あす楽、土日、祝日発送、店舗受取可】新品未使用品【Sランク】SIMフリー OPPO A54 5G OPG02SKA シルバーブラック 本体 送料無料 4941787083755

価格:15,690円
(2021/8/30 17:35時点)
感想(1件)

◆ポイントUP◆《国内版SIMフリー》※判定〇【新品未使用】 UQ mobile OPPO A54 5G OPG02 [ファンタスティックパープル] 白ロム(SIMフリー)

価格:15,700円
(2021/8/30 17:35時点)
感想(0件)

【未使用】Oppo UQmobile 【SIMフリー】 OPPO A54 5G シルバーブラック 4GB 64GB OPG02【楽天市場】保証期間3ヶ月

価格:15,800円
(2021/8/30 17:36時点)
感想(0件)